格安SIMとはいったい何?mineoに切り替えました

携帯・スマホ料金が格段に安くなると言う格安SIM。
CMや家電量販店などで見聞きしたり、周りの人が少しずつこの
格安SIMに変更してきて、実際に月額料金が格安・激安になったと
言って体験談を語ってくれる人も多くなってきました。

長い間ふーん、そうなんだ。と聞き流していましたが、
話によると、1万円位していたスマホ料金が3000円位になったとか。
毎月の月額料金がそれだけ安くなるのなら・・・
7000円×12か月=年間ほぼ10万円!!

これは、さすがに重い腰をあげねば!と思って、CMでやっていた
mineo(ミネオではなく、マイネオ)という格安SIM業者に申し込んでみました。

その際に、他の格安SIM業者とのランキング比較ができるサイト
あったので、そちらで下調べをしました。

mineoにしようか、DMMmobileモバイルにしようか
迷ったんのですが、やはりCMでやっていて感じの良さそうだったmineoにしました。

私のiphoneは、ドコモ製で、動作確認一覧に載っている機種だったので、
安心して変更手続きに入ることが出来ました。

公式のホームページでは、空いていれば、設定方法とか、
メールが使えなくなるのでどうしたらよいかとか、
分からないことをいくつでも答えていただけました。

ホームページ上で、申し込み手続きをしようとしていた時に、
電話番号を引き継ぐためのMNP予約番号というものが必要と分かり、
ドコモのサポートセンターに電話して、番号を発行してもらいました。

愛着のある電話番号を引き継ぐ場合、MNP予約番号というものが、
申込みする際に必要なのです。

数日後、無事格安SIMが届きました、同封されていた
説明書の通り、SIMを挿入して、切替操作を行った所、
無事に使うことが出来ました。

MNPの切り替えで数千円お金が必要でしたが、
今後年間10万円近く安くのであれば、全然安いものですよね。

ネットも通話も問題なくできています。電話料金は30秒21円と高めですが、
電話はLINEをメインに使っているので、大して料金がかさんでいません。

格安SIMに切り替えてよかったと思っています。

レンタルスマホ(rentalcellularphone)とは?

海外にて利用する際に大活躍のレンタルスマホ。
日本の格安SIMのチップでは海外では使えないことあったり、
面倒な切り替え手続きが必要であったり、
料金がものすごく高くなってしまったりします。

そのため、海外へビジネス出張や、旅行をする際に、
SIMの挿入されたレンタルスマホを借りて、
利用する形が増えてきました。

たいていの空港にて、レンタルスマホを取り扱っている
ショップがあるので、そちらで借ります。

もちろん、空港のショップで料金や使い方など詳しく教えてくれますが
事前にレンタルスマホについて簡単に調べておくとよいでしょう。